第47回 復活のとき

| コメント(0) | トラックバック(0)

1864年。ヨーロッパはフィロキセラという小さなアブラムシによって全土の畑が全滅し、ぶどう木は全て枯れました


フィロキセラ(ブドウネアブラムシ)は

葡萄の苗にくっついてアメリカからヨーロッパに運ばれました

フィロキセラはあっというまにヨーロッパ中に広がり葡萄の木を次々と食いつぶしていきました


このままではどのブドウ園も全滅してしまいます

でも彼らはその苦難を乗り越えたのです

アメリカ原産の台木(ヴィティス・ラブルスカ種)がフィロキセラに抵抗力のある事を発見し

ヨーロッパ原産の葡萄(ヴィティス・ヴィニフェラ種)を接ぎ木をしていきました

そして何年もかけて葡萄園を復興していったのでした
 

 

日本ソムリエ協会認定 シニアソムリエ 綾 邦生
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://buta3.jp/mt/mt-tb.cgi/48

コメントする

このブログ記事について

このページは、adminが2011年3月20日 02:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第46回 葡萄の木」です。

次のブログ記事は「第48回 実はマリアージュしない?!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。